ディーラーへ車を下取りに出す場合にはいろんな書類

ディーラーへ車を下取りに出す場合にはいろんな書類

ディーラーへ車を下取りに出す場合にはいろんな書類
ディーラーへ車を下取りに出す場合にはいろんな書類が必要になってきますが、その中の一つが自動車納税証明書です。


仮に、納税証明書を失くした場合には、税事務所などで、再発行をしてもらうこととなります。


車に関した書類は、失くしてしまわない様に常日頃からしっかり管理しておくことが大事です。


所有者の違う車を売る際には、必要な書類はどのようにするのでしょうか。


まず、車検証、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、実印、印鑑登録書といった書類を使います。


加えて、名義人の同意書、委任状および譲渡証明書などの書類も準備する必要があるのです。


愛車を売却するときと比べると、相当、面倒になりますよね。





かんたん車査定ガイド業者を利用するときは、査定で気を遣うことはあるものの、金額が決まると、名前の知れた業者の営業マンなら必要書類や今後の流れを丁寧に説明してくれて、売主が書類を渡せば引き取りまでの一切の手続きを業者が行いますから、本当に手間要らずです。


必要なのは、実印、印鑑証明、車検証、自賠責保険証、自動車税の納税証明書です。


姓や住所地が違うと戸籍謄本や住民票が必要になります。


それから、車のキーも用意しておいてください。


代金の支払い時ですが、最近は担当者に現金を持たせない会社も多いので、振込口座(番号だけでOK)も必要です。