車内で喫煙していたかどうかは、買取

車内で喫煙していたかどうかは、買取

車内で喫煙していたかどうかは、買取
車内で喫煙していたかどうかは、買取の際、査定額決定の大きなポイントになります。


短期間の喫煙でも、タバコの臭いや煙、ヤニの成分が天井、シートに付着して離れません。


タバコを吸わない人や、タバコの臭いに弱い人が増えていることで、タバコを吸った痕跡がない車を購入したい人が多いので、喫煙の痕跡がある車の買取金額は下がるというのは避けられません。


同僚から「楽で便利だった」と聞いていたので、無料出張査定サービスを使って車を売却してみたことがあるのですが、その時に、出張してきた査定の人の作業の様子に少々感動しながら見物したことを覚えています。


近くで見ていたのですが、チェックは結構細かくされていきます。


しかし、それでも仕事は素早くこなされて、それ程時間はかからなかったと思います。


ボンネットの端っこに小さなキズもありましたが、自分では全然気づいていませんでした。


「こんなのまで見つけるんだ、さすがプロの目はしっかりしている」と思いました。


ですが、そんなに大きく減点されなかったので助かりました。


車が事故に巻き込まれていた場合、十分に直した後に査定を受けても、事故が起きる前と比較して査定の値段が大きく低下することを査定落ちと言われます。


格落ち、評価損ともいいます。


しっかりと直して、性能面では特に問題が見られなくても、事故を起こした車両というマイナスイメージだけで査定落ちすることもあるでしょう。