車を友達や知人に譲る場合、知り合いだから大丈夫という考え

車を友達や知人に譲る場合、知り合いだから大丈夫という考え

車を友達や知人に譲る場合、知り合いだから大丈夫という考え
車を友達や知人に譲る場合、知り合いだから大丈夫という考えは捨てるべきです。


手続きがきちんと済んでいなければ、無駄な出費を支払わざるをえなくなるかもしれません。


後から大きなトラブルとならないように名義変更などは大切な手続きなので漏れのないようにしっかりやっておきましょう。


家族が増えたので8年間乗ってきた車を買い替えました。


それは良いのですが、古い車は下取りしてもらうことになったのですが、初めての買い換えで舞い上がっていたせいもあり、「勉強させていただきます」の言葉を鵜呑みにしてその価格で決めました。


家に帰って中古かんたん車査定ガイドサイトを見ていたら、けっこうな高値で、車買取り業者の見積りだけでもとっておけば良かったなといまだに後悔しています。


車を査定に出したら、契約後に減額されていた、もしくは車を引き取った後に減額してきた、という話など友人から聞いた事があります。


一般的には、車の引き取り後には取引をしないというのが常識でしょう。


判子やサインを売買契約書に押す(書く)直前までに、減額する可能性があるという事を教えられていたか、それに、どんな理由から減額をしたのかなどでこちらが取れる対応は変わります。


仮に理由があったとしても、自分では納得できないという状況だと買取をやめてもらい、一度考え直すのが一番だといえます。