実際に車査定をするとなりますと、一番初めに走行距離を確認

実際に車査定をするとなりますと、一番初めに走行距離を確認

実際に車査定をするとなりますと、一番初めに走行距離を確認
実際に車査定をするとなりますと、一番初めに走行距離を確認する業者が多いです。


車の査定において、最も大切なのは走行距離です。


10万キロオーバーの車でも、問題なく売れるのかというと、その車によって異なりますが、正直に言って、難しいと思います。


しかし、需要の高い軽自動車やとてもレアな車だったら、査定結果が上がることも、もちろんあるでしょう。


中古車を売却する時には色々な書類を準備する必要が出てきます。


その中でも自動車検査証、つまり車検証は、非常に重要な書類です。


その他には、自賠責保険証明書、自動車税納税証明書、印鑑証明書、譲渡証明書といった書類を準備しておく必要があります。


あとは、実印も必要になってくるので、前もってきちんと用意しておくことが大切です。


買取は詐欺の温床でもあるので気を付けましょう。


比較的高めの査定金額で客を釣って契約を結ばせ、あれやこれやと文句を付けて当初の提示額よりも大幅に低い額で買い取ろうとしてきます。


あまりに低額なので買取を断ろうとすると、既に車は別の場所に移してしまったといい、運送料や保管料などの名目をでっち上げてお金を請求するという手口も確認されています。


また、車の受け渡しを済ませたにも関わらず買取代金の支払いがなかったというケースも少なくありません。