車を売る際に、車検切れでどうす

車を売る際に、車検切れでどうす

車を売る際に、車検切れでどうす
車を売る際に、車検切れでどうするべきか迷うことがあります。


車を少しでも高く売ろうと考える場合、車検に出した方が良いのではないかと思うかもしれません。


しかし、必ずしもそれが正しいわけじゃないんです。


たとえ車検に出したとしても、割に合う査定額の上乗せは期待できないのです。


結局、高くならないなら、車検切れの状態で査定を受けた方が総合でみてお得なのです。


皆さんご存知のように、車のローンを返している間は、車がローンの担保になっています。


ローンを完済していない車を売ろうとするならば、ローンの支払い残金をきちんと清算し、自分が車の所有者になる必要があるという訳です。


ほとんどの買取業者では、買取の際に売却額からローンを完済し、所有権を移動させる手続きも、業者がまとめて行ってくれますからそこまで手間がかかりません。


ローン清算額とクルマ売却額の差額から、業者に支払い、そうでなければご自身のお金になり、売却手続きは済んでしまいます。


万が一、車を買取に出す際に必ず必要である納税証明書をなくしてしまった場合、自動車税の支払先の都道府県にある税事務所に再発行してください。


もし、軽自動車では、市役所か区役所での再発行となります。


紛失しているのなら、すぐに手続きを終わらせて、車を売る頃までに手元にある状態にしておくといいですね。