車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。古くても

車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。古くても

車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。古くても
車の買取で難しいのが低年式車の扱いです。


古くても売れる車種というのは限られていて、それも業界で言う「新車同様」「極美」レベルなら査定担当者も値段をつけてくれるでしょう。


一方、査定サイトで0円表示されるような車はどの業者でも同じような価格、おそらくあなたが思っているより相当低い額でしか買い取ってくれないでしょう。


そういう車は個人売買が向いていると思います。


売主側のほうでも魅力をアピールでき、営業マンの目線ではなく「買いたい人」の判断になるため、買取査定時より高い値段がつく可能性がありますから、手間はかかりますが、カーオークションサイトもありますし、様子見で回ってみるといいでしょう。


大抵の場合、買取の査定で有利になる車といえば軽自動車を置いて他にありません。


「足代わり程度でいいので安さを最優先したいというお客さんが買ってくれる」「店で代車としても使えるのでムダがない」といった話を中古車屋さんで耳にしたことがあります。


近年では車体が普通車並に大きい軽自動車も流行っており、ファミリー層からの需要が伸びてきているようです。


軽自動車は普通車と比べて燃費や税額でも有利であり、よく売れているため、それだけ買取査定でも有利になるのでしょう。


車は買い取って欲しいけれどなかなか時間がなく、お店まで行けないという方は、出張査定を利用すれば、業者が自宅まで来てくれます。


来てもらうとなれば費用がかさむのではないかと心配する方もいるかと思いますが、無料で来てくれるという業者が多いようです。


業者に出張査定をお願いするには、インターネットを利用すれば24時間受付可能ですし、大手業者ならば大抵はフリーダイヤルでも受け付けています。